本文へ移動

坂本花織ムスッ「これだけ練習したのに本番でできない、情けない」2位発進もミス続出【フィギュア】

2020年12月25日 22時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子SPで演技する坂本花織(代表撮影)

女子SPで演技する坂本花織(代表撮影)

◇25日 フィギュアスケート全日本選手権第1日 女子SP(長野市ビッグハット)
 2年ぶりの女王奪還を狙う坂本花織(20)=シスメックス=が、得点源となるプログラム後半の連続ジャンプでミスを出し、71・86点と得点を伸ばせず、2位発進となった。「これだけ練習したのに本番でできないというのは本当に情けない。悔しいのひと言」と、演技後はムスッとした顔を見せた。
 首位の紀平とは7・48点差。昨季から継続のフリー「マトリックス」を完ぺきに演じれば、逆転できない点差ではない。
 「得点は思ったよりも出たので、フリーをどうやるか次第。ミスを引きずらずに挑みたい」と巻き返しを誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ