本文へ移動

今季初戦の影響か…宇野昌磨のSPは連続ジャンプで転倒して94.22点で3位発進、羽生結弦の103.53点に届かず

2020年12月25日 16時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇野昌磨

宇野昌磨

◇25日 フィギュアスケート全日本選手権第1日 男子SP(長野市ビッグハット)
 大会史上3人目となる5連覇を狙う宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=は最終組の28番目で登場し、94.22点で3位だった。昨季までと同じロックナンバーのSP曲「グレート・スピリット」に乗って軽快な演技を披露したが、まさかの転倒に苦笑いを浮かべた。
 冒頭の4回転フリップこそ鮮やかに成功したが、予定していた4回転―3回転のトーループ連続ジャンプの4回転で転倒。最後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は決めたが、連続ジャンプでの転倒が大きく響き、得点は94.22点。26番目に滑走し、SP首位となった羽生結弦の103.53点、24番目に滑走し、同2位となった鍵山優真の98.60点に届かなかった。
 スイスに本拠地を移した宇野は今季、グランプリシリーズのフランス杯を予定するも新型コロナウイルスの影響で中止。今大会が今季初戦で試合は昨年2月のチャレンジ・カップ(ハーグ)以来となっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ