本文へ移動

三保内浜海水浴場周辺をウオッチ 尾長メジナ、マダイに遭遇

2020年12月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
静岡市の今泉さんは30センチの尾長メジナを釣った

静岡市の今泉さんは30センチの尾長メジナを釣った

 竿納めに初釣り−。年の瀬は一年の感謝と新年を迎える希望に胸が膨らむ。釣り人にとって静岡市の三保半島は、大物の夢を実現するには最高のフィールド。最強寒波の襲来に戸惑いながらも19日、今季もブリが出始めた三保内浜海水浴場とその周辺をウオッチしてきた。 (中日釣ペン・黒野善弘)

◆80センチ〜1メートル級ブリ 今月18日に回遊!

 三保半島先端の清水港向きに砂利浜が続く三保内浜海水浴場。この沖では例年、冷え込みが始まる師走を迎えるころから80センチオーバーのブリが出る。
 理由は餌となるコノシロの群れが清水港に入ってくるからだ。ほかにスズキやヒラメもターゲットで、釣り方はコノシロの泳がせ釣り。ジャンボエイがいるので尾の針には要注意だ。
 地元の人から「内浜海水浴場で昨日(18日)80センチ〜1メートル近くを5匹釣ったよ」との話を聞くことができた。このところ毎日様子見に来ていたそうで、18日朝にコノシロの群れを発見。釣り方はまずルアーやサビキ、掛け針仕掛けで30センチ前後のコノシロを確保し、これを背掛けや口掛けにしてコノシロの群れの中へ投入するのだ。
 コノシロの群れは、近くにウミウが群れているので分かりやすい。これをブリやスズキが追いかけ始めると、ナブラが起きる。ただ、群れが遠いと投げた時に餌のコノシロが身切れしやすい。このため、掛け針仕掛けで狙う人も多い。地元の人は遠投大型リールに道糸PE2号、ハリス12号35〜40センチ、オモリは流れの速さで20〜30号、掛け針は3〜5号。釣期は1月いっぱい。この日の午前は残念ながらブリのアタリはなかった。
 海水浴場を後にして先端の真崎灯台を回り、駿河湾へ。灯台から沖堤へ向かう途中では東京・三鷹市の鶴田浩史さん(55)がフカセ釣りをしていた。釣果はクロサギの22センチ1匹のみ。
 ここから赤灯堤南を見ると、10人ほどがカゴ釣り。堤防に一番近い所でカゴを投げていたのは静岡市の今泉さん(74)。午後0時半、ちょうど竿を大きく曲げていた。取り込んだのは30センチの尾長メジナ。その後も続けてヒットしたがバラシ。仕掛けはハリス2号2メートル、伊勢尼針7号、タナは10メートルだった。
 静岡県富士市の園川湧斗さん(28)は、今泉さんの北側でカゴ釣り。釣果を聞くと「マダイ2匹ですね」と、クーラーを開けてピンクに輝く33センチと24センチを見せてくれた。
 午前6時から始めて1匹目は8時、2匹目は10時ごろに来たという。仕掛けはハリス3号2メートル、マダイ針9号、タナは16メートル。「前回は散々だったから今日はよかった」とうれしそう。
 午後3時ごろから風が強くなってきた。土曜なので人は出てくるが、早じまいが多い。気になっていた海水浴場へも寄ったが、こちらは既に釣り人は誰もおらず、3時半に撤収した。

◆江浄寺紋章は葵の紋 家康の長男・信康の菩提寺

<寄り道> JR清水駅から西400メートルほどの江尻宿にある市中山長光院「江浄(こうじょう)寺」。徳川家康に武田家と内通していると疑われ、自刃を迫られた長男信康の遺髪が納められている。家康は人の道に外れたことを悔い、徳川家では代々、信康の霊を弔い続けた。三代家光により江浄寺の紋章には葵の紋の使用が許可されている。この寺には恋が成就するという「恋塚」もあり、チェックしてみては。

◆駿河湾名物サクラエビかき上げ定食

<味> 昼は駿河名物「サクラエビかき上げ定食」を三保水族館前のレストラン「サンビーチ」=(電)054(334)2910=で注文した。大きなサクラエビのかき揚げにごはん、みそ汁、いもサラダ、煮物、漬物、デザートが付いてボリューム満点だった。地元名産の単品の黒はんぺんフライ(500円)、シラスの釜揚げ丼(1300円)も魅力だ。
<ガイド>  車=東名・清水ICから国道1号、国道150号経由で三保の松原、三保灯台方面へ。
 JR=東海道線・清水駅からバスで「東海大学三保水族館前」下車。または清水駅東「清水魚市場河岸の市」裏から水上バス利用。「江尻」から「三保」へは400円(所要15分)。
 半島に釣具店は複数あるが、餌は持参が無難。

【釣りインフォメーション】
◇釣りフェスティバル 2021年度開催


関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ