本文へ移動

来春の島田市長選 土屋さん出馬表明

2020年12月25日 05時00分 (12月25日 05時59分更新)
 来年五月十六日告示、同二十三日投開票の島田市長選に、情報通信研究機構(NICT)上席研究員の土屋昌弘氏(60)=写真、同市岸町=が二十四日、無所属で出馬することを表明した。
 市内で会見した土屋氏は「研究の知識や経験を故郷を良くするために使いたい」と述べ、ITを生かした産業振興、医療福祉の充実などを掲げた。
 土屋氏は同市出身で東京大卒。情報ネットワークシステムの基礎研究が専門で、東大助教授などをへて、二〇〇八年からNICTの上席研究員。
 出馬表明は三選を目指す現職の染谷絹代市長(66)に次いで二人目で、選挙戦になる見通し。 (大橋貴史)

関連キーワード

PR情報