本文へ移動

DeNAの守護神「現状では三嶋」三浦大輔監督が言及 山崎に奮起期待も【プロ野球】

2020年12月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦大輔監督

三浦大輔監督

 DeNAの三浦大輔監督(46)が来季の守護神に言及。「現状では三嶋が一番近い位置にいる」との認識を示し、今季不振に終わった山崎にも奮起を求めた。
 今季は3年連続セーブ王を目指した山崎が開幕から精彩を欠き、7月末から代わって三嶋が抑えに定着。48試合で3勝1敗18セーブ、防御率2・45と安定感を見せた。
 三浦監督は「投げている球も気持ちの面でも(抑えに)合っていたのかな」と三嶋の適性を評価し、「現状では一番近い位置にいる」と指摘。防御率5・68に終わった山崎には「苦しんだ分、どう変われるか」と巻き返しを期待した。
 三嶋は契約更改時に「また白紙だと思っているが、今年はクローザーを最後までやり遂げたと自負している」ときっぱり。山崎も「あえて言及する必要はない。しっかり練習して開幕を迎えればパフォーマンスは出せる」と自信をのぞかせる。
 クリスマスの25日に47歳の誕生日を迎えるにあたり「優勝するためにどうすれば良いのかを1年間考えてやっていく」と決意表明した指揮官。「抑えに誰が一番適任なのかを考えている」。キャンプ、オープン戦を通じて見極めていく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ