本文へ移動

柿谷曜一朗を名古屋グランパスが獲得 C大阪から完全移籍「子供達の憧れに」【Jリーグ】

2020年12月24日 14時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柿谷曜一朗

柿谷曜一朗

 名古屋グランパスは24日、C大阪から元日本代表FW柿谷曜一朗(30)を完全移籍で獲得すると発表した。柿谷はグランパスを通じ、コメントを発表。「グランパスファミリーのみなさんに認められるためにも最大限努力していきたいと思っています。そして、なにより名古屋グランパスを愛する子供達の憧れになれるように頑張ります!」と意気込んだ。
 C大阪の下部組織出身の柿谷は、クラブ史上最年少の16歳でトップチームに昇格。日本代表としては、2014年W杯ブラジル大会のメンバーに入った。C大阪のエースナンバー「8」を背負い、今季24試合1得点だった。今季3位だったグランパスは得点数がリーグ12位(45得点)と攻撃が課題となっており、技術力に優れたアタッカーに白羽の矢を立てた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ