本文へ移動

リニア 川勝知事「南ア工事凍結表明を」

2020年12月24日 05時00分 (12月24日 11時36分更新)
 リニア中央新幹線の南アルプストンネル(静岡市葵区)工事を巡り、静岡県の川勝平太知事は二十三日の定例会見で、国土交通省の有識者会議の議論が深まっているとは言えないとして、議論を客観的に進めてもらうため「JR東海が本体工事を凍結すると表明するべきだ」との考えを示した。
 しかし、JR東海の金子慎社長は同日の定例会見で、有識者会議は「水問題の議論が相当進捗(しんちょく)している」として会議で一定の結論が出れば早期開業を目指す考えを明らかにし、川勝知事と違った認識を示した。
 川勝知事は、過去七回の有識者会議では生態系への影響などの課題が残っており「議論が深まっているとは到底言えない」と強調。「JR東海が本体工事を凍結すると表明すれば、(有識者会議は)安心して科学的議論に集中できる」と主張した。
 「凍結」の意味を問われると「有識者会議で結論が出て、地元の理解を得るまで実質工事はできない、とJRが公式に言うことが凍結だ」と説明した。
 一方、金子社長は、リニアの静岡工区着工に向けた作業基地整備を川勝知事が認めなかったことに触れ「静岡工区は工事が進捗していないが、(他の工区は)着実に進めた」と話した。「(有識者会議の)めどがたった上で(静岡県に)工事開始を求めれば、開業時期の確たる話ができると思う」と見通した。 (大杉はるか、牧野新)

関連キーワード

PR情報