本文へ移動

前阪神の伊藤隼太、日本赤十字社の金色有功章受章を報告「切迫する医療現場を目撃し、体験した身として…」

2020年12月23日 22時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤隼太

伊藤隼太

 阪神を戦力外になった伊藤隼太外野手(31)が23日、自身のインスタグラムを更新。日本赤十字社から金色有功章を受章したことを報告した。
 記念章と賞状の画像をアップした伊藤は「先日、日本赤十字社からこのような物が届きました」と書き出し、「自分自身も今年は、春先に医療機関にお世話になり、切迫する医療現場を目撃し、体験した身として、これからもできる範囲でこのような活動は続けていくつもりです」と報告。自身の詳しい行動内容には触れなかったが、日本赤十字社のホームページによると、金色有功章は「一時または累計額が、50万円以上の活動資金へのご協力をいただいた場合」に贈呈するという。
 伊藤は「チャリティーイベント等の開催についても、前向きに考えていきたいと思います」と今後も積極的に活動する方針を示した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ