本文へ移動

砺波市「城郭カード」 増山城 柄替え増刷 きょうから配布

2020年12月24日 05時00分 (12月24日 05時11分更新)
増山城の増刷したカード(下)、右は最初のカード

増山城の増刷したカード(下)、右は最初のカード

 砺波市は、二年前に作って配っていた「とやま城郭カード」の増山城カードがなくなったため、柄の違うカードを増刷し、二十四日から配布を始める。
 増刷版は今春に撮影した冠木門の桜景色の写真で、ピンクの枠。当初のカードは城跡の航空写真で緑の枠だった。
 城郭カードはダムカードやマンホールカードの城版で、二〇一八年八月に県内にあった五十カ所の城のカードを各千枚作った。各城へ行ったことが分かる写真をスマートフォンなどで撮って、市埋蔵文化財センター(庄東小敷地内)で見せれば、訪れた城のカードを無料で渡していた。
 増山城のカードだけ今夏にすべてなくなった。再配布を求める声が寄せられたことから国や県の補助を受け千五百枚を増刷した。
 担当者は「二度、三度と訪れてほしい。市内のほかの城や市外の城にも関心をもってほしい」と話す。
 センターは二十八日〜来年一月四日、月曜は休み。(松村裕子)

関連キーワード

PR情報