本文へ移動

阪神が韓国20勝右腕アルカンタラを獲得 セ・リーグ屈指の先発陣形成へ…年俸2億800万円の2年契約

2020年12月23日 19時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神の新外国人投手に決まった前韓国・斗山のアルカンタラ(球団提供)

阪神の新外国人投手に決まった前韓国・斗山のアルカンタラ(球団提供)

 阪神は23日、新外国人選手として今季の韓国プロ野球で20勝(2敗)を挙げて最多勝に輝いたドミニカ共和国出身のラウル・アルカンタラ投手(28)=193センチ、100キロ、右投げ右打ち=の獲得を発表した。背番号は44。年俸200万ドル(約2億800万円)で、2年契約とみられる。
 ロッテを自由契約となった日米通算95勝のチェン・ウェイン投手に続く補強で、西勇と秋山が今季チーム最多11勝で並んだ先発陣を充実させた。
 パワフルな本格派のアルカンタラはアスレチックスでプレーした米大リーグで通算13試合で2勝5敗。昨季から韓国でプレーし、今季は登板31試合で防御率2・54だった。阪神を通じ「素晴らしいチームの一員となることを誇りに思う。勝利に貢献できるように、常に全力でプレーすることを約束する」などとコメントした。(金額は推定)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ