本文へ移動

「夜に駆ける」YOASOBIが紅白出場 「完全に初のパフォーマンス」大みそかにベール脱ぐ

2020年12月23日 15時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第71回NHK紅白歌合戦で紅組として出場し、デビュー曲「夜に駆ける」を歌う、2人組ユニット「YOASOBI」の関連カット

 第71回NHK紅白歌合戦で紅組として出場し、デビュー曲「夜に駆ける」を歌う、2人組ユニット「YOASOBI」の関連カット

 今年最もヒットした曲と言われる「夜に駆ける」を歌う2人組音楽ユニット「YOASOBI」が、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」に紅組歌手として初出場することが23日、同局から発表された。デビュー曲の同曲を歌唱し、テレビでは初パフォーマンスとなる。
 「YOASOBI」はコンポーザーAyase(26)とボーカリストikura(20)の2人組。ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイトから誕生したクリエーターユニットだ。
 2019年11月に公開した同曲は、公開直後から瞬く間に注目を集め、9月にはストリーミングの再生回数が2億回を突破し、さまざまなヒットチャートで年間首位を獲得した。
 「Billboard Japan Hot100」やオリコン週間合算ランキングで1位を獲得し、各種配信チャートでも1位を席巻した。
 Ayaseは「昔から夢に掲げていた紅白歌合戦に出場できること、本当にうれしいです。僕たちYOASOBIは、ライブもテレビでのパフォーマンスも一度も行っていないので、完全に初のパフォーマンスです」とし、「今から緊張が込み上げていますが、期待していただけてる以上のステージをお見せできるよう、YOASOBIらしく! 楽しんで! 全力で挑みます!」とコメントしている。
 ikuraも「幼いころに歌手を志すようになってから夢であった紅白歌合戦の舞台で歌えることを、本当にうれしく思います。そしてYOASOBI初パフォーマンスを披露させていただきます」と意欲十分。「緊張で今から背筋が伸びっぱなしなのですが、本番はYOASOBIらしく楽しんで演奏したいと思います。一生で一回の紅白初出場の舞台で一秒一秒をかみ締めながら愛を込めて歌います」と張り切っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ