本文へ移動

“古巣”J1・FC東京に復帰DF蓮川壮大が青赤の壁になる「スタメンの座を…」明大J入り選手が合同会見

2020年12月23日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京への加入が内定し、意気込みを見せる蓮川

FC東京への加入が内定し、意気込みを見せる蓮川

 今季の関東大学サッカー1部リーグを連覇し、通算6度目の優勝を果たした明大サッカー部は22日、東京・駿河台キャンパスで、来季Jクラブ入り内定者の合同記者会見を開催した。今回の内定者は前回の9人を上回り、1チーム分を超える12人。FC東京内定のDF蓮川壮大(4年・FC東京U―18)らが意気込みを語った。
  ◇  ◇  ◇
 “古巣"FC東京への復帰を果たすことになる期待のセンターバック(CB)、蓮川は高いレベルでのポジション争いに意欲を見せた。森重、渡辺らが君臨するCB陣の一角に割って入るのは大変だが「自分の特長がはっきりしている選手は強いと思います。特長を生かして、スタメンの座を取りたいです」と抱負を話した。
 対人プレーの強さに加え、この182センチには速さもある。パワフルかつスピーディーにボールを持ち運び、相手にとっては自陣でも脅威になる。「攻撃的なセンターバックは少ないと思います。自分にしかない良さがあります」と持ち味を最大限に発揮し、無二の存在になるつもりだ。
 昨季の大学4冠全制覇など、明大では多くのタイトルを経験してきた。その歓喜をプロの舞台でも味わいたい。
 「(FC東京は)首都のクラブなので、Jリーグを引っ張るチームにならなければいけません。自分が試合に出場して、簡単なことではないですけど、取れるタイトルは全て取りたいと思っています」 
 明大で達成した偉業をFC東京でもなし遂げることを高い目標として掲げた。クラブにさらなる栄光の歴史を刻むため「試合に出たときはしっかり無失点で終われるように“東京の壁"になれるように頑張ります」と声高らかに宣言した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ