本文へ移動

前田敦子「自分で歩いてみようと決心した」事務所退所発表後初のインスタで心境 篠田麻里子の激励にも感激

2020年12月22日 13時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前田敦子

前田敦子

 元AKB48で女優の前田敦子(29)が22日、自身のインスタグラムを更新。この日、所属する太田プロダクションを31日で退所し、フリーで活動することが発表されたことを受け、「自分で歩いてみようと決心した」「未来って楽しそう」と独立に対して前向きな心境をつづった。
 「30才になるんだなあと考えているうちに、『何かしなきゃ』と思ってしまいました デビューしてからお世話になって来た事務所を辞めて、自分で歩いてみようと決心しました」と来年、30歳という節目を迎えるのを前に、所属事務所を退所する決断をした背景を明かした。
 「不満があったわけではなかったので、その想いを伝えて理解してもらいました。私にとって、2回目の卒業みたいな感じです」と感慨深げに説明を続けた。
 「この先どうしたいとかこうしたいという、具体的なビジョンがあるわけではありません。不安じゃないの?と聞かれたら不安もあります」と正直な気持ちをつづり、一方で「この世界に入って15年。私はいつまでも本当に、まわりに甘えていていいのかなと、思ってしまったんです。なので勇気を振り絞って飛び出すことにしました」と決意表明。
 「でも、なんかワクワクしている自分がいます。嬉しいことも悲しいことも辛いことも、いろんなことがあると思います。そんな時は、たまに本音を書かせてください。人生一度きり、真面目に楽しくいきたいです。未来って楽しそう」と前向きなコメントで締めた。
 この投稿に元AKB48の篠田麻里子(34)が反応。「新たなスタート おめでとう 人生一度きり 楽しもう」と祝いの絵文字を混ぜて激励すると、前田も「麻里子ーーー!!ありがとう!!!」と感激して返信した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ