本文へ移動

女子ラグビー日本代表 海外リーグでも活躍光る 加藤幸子はイングランド、平野恵里子はスペイン

2020年12月21日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤幸子

加藤幸子

 ラグビーの女子15人制日本代表で、イングランド女子1部リーグ「プレミア15」のエクセター・チーフスに短期移籍しているFW加藤幸子(20)=横河武蔵野=は19日のセール・シャークス戦に左プロップで先発。相手キックをチャージしてチャンスを作り、そこからトライもあげる活躍で38―0の快勝に貢献し、プレーヤーオブザデーに選ばれた。
 加藤は名古屋市名東区出身。中部大春日丘高時代は名古屋レディースでプレーし、高2で日本代表入り。現在は早大の3年生(休学中)。
 また、スペイン女子1部リーグ「リーガ・イベルドローラ」の昨季女王セビージャに移籍した平野恵里子(28)は、19日にリスボンで行われたポルトガル女王SCポルトガルとのイベリア杯にWTBで先発。後半のダメ押しトライをアシストするなど34―5の快勝、チーム初のイベリア杯獲得に貢献した。
 平野は岩手県大槌町出身。釜石ラグビースクールでラグビーを始め、日体大―横浜TKMを経て11月末に渡欧した。
 2人はともに来年9月にニュージーランドで開かれる女子15人制のラグビーW杯を目指している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ