本文へ移動

田中みな実が指原莉乃の“苦手なこと”を暴露 恋愛観の違いも明らかに…

2020年12月21日 15時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
乾杯する指原莉乃(右)と田中みな実

乾杯する指原莉乃(右)と田中みな実

 タレント指原莉乃(28)とフリーアナウンサー田中みな実(34)のオンラインイベント「みんなで、おいしい。一番搾りの会2020年末編」をキリンビールが配信している。
 しっとりとした和服姿でこたつに向かい合った2人は、視聴者に「皆さんも画面に向かってお願いします。カンパイ」と呼びかけて会はスタート。田中は「最高。暖かい中で冷たいビールがすごいあいます。糖質ゼロもめっちゃおいしい」と感想を述べた。
 今回はビールにあう食事を事前投票で決めるシステムだったが、2人はおかまいなく「おでんが食べたい」とわがまま放題。しかし事前投票の結果がおでんと知ると「うわーっ。うれしいっ」と歓声を上げた。
 トークは盛り上がり田中は「指原ちゃんって、電話が機械的で下手だよね」と暴露。それに対し指原は「めちゃめちゃ緊張しているからですよ」と切り返す中で恋愛トークに。好きな人とは肉声での電話が欠かせないという田中に対し、指原は「電話はないです。メールですよ。過去の発言も読み返すことができますし」。恋愛観の違いも明らかになった。
 過去を全く振り返らず、自分の番組すらも見ないという指原は、自身とは対照的に番組を必ずチェックする田中に「さすがプロ意識が高い」と感心しきり。
 2人に読み上げてほしいメッセージの紹介では、田中が「大好き。テレワークで仕事も家事も頑張ったね。ひろし」と投稿者の名前まで読み上げると、指原は「今年も一緒にいれて幸せだったよ」と照れ笑いを浮かべながらメッセージを送ると、田中から「それ『ら』抜き言葉。やりなおし」と厳しいツッコミが入った。
 今年の漢字については田中はいろんなことができた1年として「実」、指原は仕事内容が変わって止まった感じもあったとしながらも、あえて「進」とした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ