本文へ移動

ディズニー通の風間俊介が冬のランドの魅力紹介「澄んだ空気とファンタジーの世界のマリアージュを楽しむ場所」

2020年12月21日 12時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディズニーランド

ディズニーランド

 日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」で月曜パーソナリティーを務める俳優の風間俊介(37)が21日、冬の東京ディズニーランドの楽しみ方について紹介した。
 ディズニー通として知られる風間は東京ディズニーランドを訪れ、冬限定のグッズやグルメを取材。「東京ディズニーリゾート(TDR)の冬をナメてはいけない!」と寒さ対策の必要性を訴えつつ、この時期を「澄んだ空気とファンタジーの世界のマリアージュを楽しむ場所」であると言い切った。
 この日は「ぽかぽか冬ファッション」「食べてぽかぽか!?」など4つのポイントについて解説した。この中で「(TDRは)世界最大級の植物園」として、入り口のミッキーマウス花壇や冬に実を付ける「ヒメリンゴ」の木を紹介し、エリアごとの樹木のデザインについて言及。近未来をテーマにしたトゥモローランドの木が角張ったデザインであることに触れ、「僕が小学生のころからずっとこうです。ずっとこのままでいてほしいなぁ」と目を細めた。
 また温かいスープに「飲むカイロ」、冬季限定メニューの麺料理を「食べるこたつ」と独特の表現でディズニー愛をにじませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ