本文へ移動

濃厚な茶の香り「西尾吉良茶うどん」販売開始 西尾みなみ商工会 

2020年12月21日 05時00分 (12月21日 13時24分更新)
販売を開始した「西尾吉良茶うどん」=西尾市吉良町で

販売を開始した「西尾吉良茶うどん」=西尾市吉良町で

 西尾市吉良、幡豆地域をエリアとする「西尾みなみ商工会」は、渋味が少なく、まろやかな味わいが売りの地元産かぶせ茶を練り込んだ「西尾吉良茶うどん」の販売を始めた。なめらかな食感と強いコシが特徴。濃厚な茶の香りが引き立つ鮮やかな緑色の麺に仕上げた。
 感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込むなか、新たな名産品をつくり、販路拡大につなげようと開発。二〇二一年で赤穂浪士の討ち入りで命を落とした吉良上野介義央(こうずけのすけよしひさ)が...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報