本文へ移動

上沼恵美子が3年前酷評のマヂカルラブリー絶賛「芸術」「金で済めば謝る」【M-1グランプリ2020】

2020年12月20日 20時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
M―1グランプリ決勝でネタを披露するマヂカルラブリーの野田クリスタル(左)と村上(C)M―1グランプリ事務局

M―1グランプリ決勝でネタを披露するマヂカルラブリーの野田クリスタル(左)と村上(C)M―1グランプリ事務局

  • M―1グランプリ決勝でネタを披露するマヂカルラブリーの野田クリスタル(左)と村上(C)M―1グランプリ事務局
  • マヂカルラブリー
 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2020」(優勝賞金1000万円)の決勝が20日、テレビ朝日系で放送され、マヂカルラブリーが3年ぶりに登場。“因縁の相手”として注目された審査員の上沼恵美子(65)との掛け合いが話題を集め、本人からも大絶賛された。
 マヂカルラブリーは2017年に初出場した際、上沼は「好みじゃない」「よう決勝残ったな」と酷評。その後、野田クリスタル(34)が服を脱ぐなど、M―1で語り継がれる一種の放送事故になっていた。
 今大会6組目に登場したマヂカルラブリーは、3年前と変わらない舞台を駆け回るらしさ全開の漫才を披露。審査を待つ前には野田が「早くあの人の声が聞きたいです」といち早い上沼からのコメントを要求した。
 注目された上沼が94点の高得点を与えると、野田と相方の村上(36)は「ヨッシャー」と絶叫。上沼は「バカバカしさが突き抜けるのは芸術。本当に良かったと思う」と絶賛。ただ3年前については「本当に覚えていない」「お金で済むことがあったら謝る」と笑わせ、野田は「何人にもあんなことしてるんだ」と苦笑いしつつも、上沼への雪辱に満足そうだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ