オンラインハラスメントに注目 ビデオ会議で2人きり要求や「部屋汚い」

2020年12月21日 05時00分 (12月21日 05時01分更新) 会員限定
オンライン会議で感じたストレス(複数回答)

オンライン会議で感じたストレス(複数回答)

  • オンライン会議で感じたストレス(複数回答)
 新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの普及など働く環境の変化を受け、新しいタイプのハラスメントが注目されている。ビデオ会議システム「Zoom」などを介したやりとりで、相手に不快な思いをさせる「オンラインハラスメント」だ。企業向けに、オンライン会議でのハラスメント対策を含む研修を提供する企業も現れた。 (佐橋大)
 十一月下旬、関東に本社がある企業の従業員向けのオンラインハラスメント研修。参加者は自宅や会社などそれぞれの場所から、講師の藤山晴久さんの話を聞いた。藤山さんは、ハラスメントの「グレーゾーン問題」に特化した研修を提供するインプレッション・ラーニング(東京)代表で、七月からオンライン上の対策についても伝え始めた。
 同社が五〜六月、インターネットでテレワーク中の二十〜六十代の男女千人に聞いた調査によると、ほとんどの人が緊急事態宣言が出た四月前後から初めてテレワークを経験。ストレスを訴えた人は半数を超え、オンライン会議を理由に挙げたのは56%に上った。寄せられた声を基にした注意点とは−。

1.私生活に関心を寄せる

 言われて不快だった言葉として挙がったのは「カーテンがかわいい」「君...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報