本文へ移動

【セ・リーグ】『ハマの番長』流の目立ち術とは… DeNAの新指揮官・三浦大輔監督が若手選手に伝授「強制はしませんけど」

2020年12月20日 18時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAの三浦大輔監督

DeNAの三浦大輔監督

 DeNAの三浦大輔監督(46)が20日、横浜市内でトークショーに出演し、若手選手に対し、目立つための立ち回り術を伝授した。現役時代、契約更改に自慢のリーゼントを下ろして臨んだ逸話を披露。プロとして注目度をアップさせる必要性を訴えた。
 後半の質問コーナーだ。ある年の契約更改で髪形が違った理由を問われた三浦監督の答えはシンプルだった。「何もネタがなかったから」。どうしたら注目してもらえるか。考えた結果が代名詞のリーゼントを下ろすことだった。
 「やっぱり取り上げてほしかったのでね」。かばんに財布しか入っていないのに交渉の資料を持ってきたと言ったり、他球団の注目選手と日程が重なっていたために理由もなく保留したり。「結構いろいろやりました」と明かし、「ファンにプレーで喜んでもらうのが必要だけど、注目されて見てもらうのも必要かなと。強制はしませんけど」と笑った。
 共演した18歳の森敬斗内野手からは「僕も小ネタを出していけるように頑張ります」と上々の反応が。指揮官となったハマの番長はスター育成にも力を注ぐ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ