本文へ移動

アンカツこと安藤勝己氏、朝日杯制したグレナディアガーズを絶賛! 「能力なくして走れない時計」

2020年12月20日 16時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己氏

安藤勝己氏

◇20日 朝日杯フューチュリティS(G1・阪神・芝1600メートル)
 通算4464勝の名ジョッキーで競馬評論家の安藤勝己氏(60)が20日、自身のツイッターを更新。未勝利勝ち直後にG1勝利を2歳コースレコードの1分32秒3で制したグレナディアガーズ(牡2歳、栗東・中内田)の印象について語った。
 安藤氏は「ルメールらしからぬペースと枠順もかみ合ったとはいえ、能力なくして走れない時計」と絶賛。鞍上の川田将雅(ゆうが)騎手(35)に触れて「ユウガは他にお手馬おるでマイル路線かもしれないけど、能力を制御できた時の走りは凄いな」とつづった。
 また安藤氏は2着のステラヴェローチェ(牡2歳、栗東・須貝)については「時計勝負に対応してきた。距離延長も望むところで、ここからは伸びしろしかない」と期待を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ