本文へ移動

【JRA】サヴァが寒椿賞快勝「砂をかぶっても平気」 2着ケイサンフリーゼに3馬身の差

2020年12月20日 15時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇20日 寒椿賞(2歳1勝クラス・中京・ダート・1400メートル)
 5番手につけた2番人気のサヴァ(牡2歳、栗東・上村)が直線、力強く伸び、2着ケイサンフリーゼに3馬身の差をつけ快勝した。
 騎乗した吉田隼は「大人びていて、砂をかぶっても平気でした。コーナーでは少し置かれるところはありましたが直線に入ると、届くと思いました」と振り返り、管理する上村師は「前走はスタートでつまずいたことがすべてでした。力通りに走ってくれましたし、まだこれから良くなってくると思います」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ