本文へ移動

タイソウ、大層な差をつけ押し切る 西園師「うまくいけばパテックくらい走る」

2020年12月20日 13時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇20日 新馬戦(阪神・芝2000メートル)
 タイソウ(牡2歳、父モーリス、母セラミックガール、栗東・西園)が、折り合った2番手から抜け出し3馬身。馬名の由来通り「大層」な差をつけて押し切った。
 松山は「スタートがよくて跳びの大きな馬。しっかり流れに乗れました。追ってからの反応もよかったですし、強い競馬をしてくれました」と、話した。西園師は「2000メートルを圧勝したのは大きい。うまくいけば(自身の手掛けた12年マイルCS勝ちのサダム)パテックくらい走る」と、出世を期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ