本文へ移動

<出番です> 県大正琴協会会長・田村美保子さん

2020年12月20日 05時00分 (12月20日 11時54分更新)
県大正琴協会会長・田村美保子さん(75)=度会町鮠川

県大正琴協会会長・田村美保子さん(75)=度会町鮠川

 「亡き娘のように大正琴をかわいがってきた」と語る。
 大学卒業後、尾鷲市内で音楽教員を務めた後、結婚相手の地元の度会町に住み始めた。
 伊勢市のピアノ教室で講師をしていた三十六年前、最愛の一人娘を病気で亡くした。失意のどん底にいた時、教室を開いていた市内の楽器店で大正琴のチラシを見つけた。店長の後押しを受け、「わが子を愛するように取り組んでみよう」と、四十歳を前にして始めた。
 わずか三カ月で大正琴団体「琴修会」(名古屋市)の認定試験に合格し、講師になると、県内の農業協同組合の婦人会員らを中心に指導するようになった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報