本文へ移動

ロッテが二木,安田ら”お絵描き自慢”4選手が描いたイラストをグッズ化

2020年12月19日 12時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファン感謝番組の企画で「お絵描き力No.1」に選出されたロッテ・二木(球団提供)

ファン感謝番組の企画で「お絵描き力No.1」に選出されたロッテ・二木(球団提供)

 ロッテは19日、12月5日のファン感謝番組「マリンフェスタ TV」内の企画「お絵描き力No.1決定戦」で二木康太投手(25)、小島和哉投手(24)、佐藤都志也捕手(22)、安田尚憲内野手(21)の4選手が描いたイラストをグッズ化すると発表した。
 今回のグッズはレザーマウスパッド(1500円)、ハイブリッドハンドタオル(880円)、アクリルキーホルダー(600円)、額縁マグネット(600円)、巾着(1200円)、ピクチャーボード(1200円)、マルチスマホケース(3000円)。マリーンズオンラインストアで今月27日午後11時59分まで受注販売する。
 球団広報室は「それぞれの選手の個性が出ていて非常に面白い絵になったと思います。各選手とも3分という制限時間を考えると、世に出すのは厳しい絵になるのではと危惧をしていましたが、みんな上手だったと思います」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ