本文へ移動

巨人・田中俊を即決獲得のDeNA 三浦監督「走攻守バランス取れた選手、ともに優勝を目指して戦おう」

2020年12月18日 18時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神戦で先制本塁打を放つ田中俊=9月16日

阪神戦で先制本塁打を放つ田中俊=9月16日

DeNAは18日、梶谷隆幸外野手(32)のFA移籍に伴う人的補償で巨人から田中俊太内野手(27)の獲得を発表した。背番号は未定。三浦大輔監督(46)は「走攻守バランスが取れた選手」と評価し、神奈川出身の田中俊は勝利への貢献を誓った。
 即決と言っていい。梶谷の巨人入団からわずか4日。電撃発表が期待度を示していた。三浦監督は「地元・神奈川出身でもあり、力になってくれることを期待します」と歓迎。「ともに優勝を目指して戦おう」と呼び掛けた。
 田中俊は東海大相模高、東海大から日立製作所を経て、2018年に巨人に入団。3年間で209試合に出場した。今季は48試合で打率2割6分5厘、1本塁打、6打点。内外野が守れ、二遊間が固定できていないチームの補強ポイントにも合致した形だ。
 巨人を通じ、「優勝できたことが誇り。学んだことを生かして新天地でも勝利に貢献できるよう精いっぱい頑張ります」とコメントした田中俊。大和や倉本、柴田らと競いながらリーグ優勝の経験を地元に還元する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ