<私たちのシュウカツ 安城特別支援学校の1年> 将来に向けた授業(上) 

2020年12月18日 05時00分 (12月18日 11時11分更新) 会員限定
男子生徒(右)を相手に即興芝居をする説田教諭(左)=安城市桜井町の安城特別支援学校で

男子生徒(右)を相手に即興芝居をする説田教諭(左)=安城市桜井町の安城特別支援学校で

  • 男子生徒(右)を相手に即興芝居をする説田教諭(左)=安城市桜井町の安城特別支援学校で
 安城市桜井町の安城特別支援学校高等部では卒業後を見据えて、実際の社会で必要な知識や対応力を養う授業も重視している。就職すれば人間関係のトラブルや金銭の管理など、高校時代とは違う問題に直面して困ることがある。巧妙化するニセ電話詐欺などに巻き込まれる危険性も−。「自分で考えて判断する力を養うのはとても大切」と、同校の西堀哲夫教頭が話す。 (四方さつき)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報