湘南サーフでシーバスゲーム 流れの変化を探して攻め78センチゲット

2020年12月18日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
12日の夜に仕留めた丸々と太った78センチ。堂々たる風格だ

12日の夜に仕留めた丸々と太った78センチ。堂々たる風格だ

  • 12日の夜に仕留めた丸々と太った78センチ。堂々たる風格だ
  • Aの流れとBの流れの合流点にキャストすると「ガツン!!」
 秋はシーバスゲームのハイシーズンだ。しかし今年の秋は暖か過ぎたせいか、筆者のホームフィールドである相模湾では釣れても痩せている個体も多く、周囲からもあまりいい話は聞こえてこなかった。それが12月に入ると、ようやく秋らしいシーバスに出会う機会も増え始め、例年と比べると丸1カ月遅れて季節が巡ってきたような雰囲気だ。早速、タックルを持って現場へ。流れの変化に注目して竿を出した。 (久保田剛之)

◆好釣果な湘南エリア 「砂浜」

 最近は湘南エリアのサーフが全体的に好調で、コノシロをはじめとするベイトフィッシュが接岸しており、それに着いてシーバスも回遊してきている。湘南エリアの海岸線は、ほぼ砂浜で構成されており、およそ1〜2キロメートルごとに河川や数メートルだけ沖に伸びた小堤防、漁港などが点在している。
 もちろん、それらの河川や堤防もシーバスゲームのポイントとなり得るのだが、そういう場所以外の砂浜というのが最近好釣果が上がっている場所だ。しかしパッと見た限りでは何も変化のなさそうな延々と続く砂浜。どこを狙ったらいいのか分からないという声もよく聞く。今回はサーフゲームの狙いどころを解説したいと思う。

◆砂浜から目視「波の崩れ方」 「白波の立つ場所」である程度は潮の流れ把握

 シーバスゲームというのは流れの変化を探していくゲームだといっても過言ではない。河川だと「川=流れ」とイメージがしやすいのだろうけど、これは磯であっても砂浜であっても同じだ。「砂浜で流れがあるのか?夜でも潮の流れが見えるのか?」という質問をうけることも多い。
 砂浜での潮の流れというのは慣れてくると目視でも見えるようになってくるが、波の崩れ方、白波の立つ場所を見ればある程度は潮の流れというのは把握できるものなのだ。
 白波の立つ場所は他の場所よりも浅い場所。また白波が立たない場所は逆に深い場所だ。「水は高いところから低いところに流れる」これは自然の大原則である。この大原則を忘れず、浅い場所・深い場所が分かれば、そこに潮の満ち引きを重ねると「流れ・流れの変化」というものが見えてくる。

◆「白波立つ所」は「浅い」 「白波立たない所」は「深い」 潮の干満重ねて「流れ・流れの変化」つかむ

 例を挙げよう。図のA地点。周囲と比べて沖から波が崩れて白波が波打ち際までやって来ている。このような地形は馬の背といわれ、周囲に比べて岬状に浅くなっている場所だ。馬の背に乗り上げた波。周囲より高くなっているため、周囲と水の高さが均一になるには横方向に流れるしかない。馬の背の端では横方向の流れが出やすい。
 次にB地点。沖で岸と平行に波が崩れているが、その白波がいったん落ちつき岸寄りで、もう一度白波となっている。これは沖で岸と平行に浅瀬があるが岸寄りでは、もう一度砂浜がえぐれていることを示している。
 B地点の様な地形では横方向の流れが出やすい。わかりやすいのは満潮から干潮に向かう下げ潮。潮位が下がっていき、海水が沖に移動したいが岸と平行に走る浅瀬が邪魔して真っすぐ沖には移動できない。
 そこで浅瀬を迂回(うかい)するように横方向へと流れてから沖に出ていく。この沖の浅瀬の両端が横方向の流れが沖へと流れが変わる地点であり、流れの変化地点となってシーバスが捕食活動を行う場となりやすい。
 このような地形変化は干潮周りに砂浜を散策すると観察しやすい。そしてAやBのような地形が近接するような場所が一級ポイントとなるので、その周辺をルアーをキャストしながらウロウロしていれば「ガツン!!」とシーバスが食い付いてくる確率が高くなるわけだ。

◆沖からくる強めの波 地形変化教えてくれる

<釣行> 12月12日、仕事帰りに湘南サーフへ。この夜は非常に穏やかな海だったので白波はほとんど立たないが、それでも時折、沖から来る強めの波が地形変化を教えてくれる。
 A地点の端にキャストすると水面を泳いでいたルアーが宙を舞った。シーバスが下からルアーを突き上げたようだ。
 数投その場で様子を見たが反応がないので近接するB地点に近づき、Aの流れとBの流れの合流点にキャストすると、「ガツン!!」という衝撃とともに食ってきたのは78センチの丸々太ったコンディションのいいシーバス。川であっても砂浜であっても、流れの変化を探して(考察して)狙えば結果は出やすいのだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ