本文へ移動

原発再稼働反対、関電に表明を 美浜3号機など、市民団体が県に要望

2020年12月17日 05時00分 (12月17日 14時03分更新)
県の担当者に要望書を手渡す連絡会メンバーら=大津市の県危機管理センターで

県の担当者に要望書を手渡す連絡会メンバーら=大津市の県危機管理センターで

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可を取り消した四日の大阪地裁判決を受け、市民団体「避難計画を案ずる関西連絡会」は十六日、滋賀県に近い美浜原発3号機と高浜原発1、2号機(いずれも福井県)の再稼働反対を関電に対して表明するよう、滋賀県に要望した。
 大阪地裁判決は、関電が算出した耐震設計の目安となる揺れの大きさ(基準地震動)の計算方法について、東京電力福島第一原発事故後に厳格化された基準に適合しているとする原子力規制委員会の判断を違法と結論づけた。
 連絡会の会員は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧