「御嶽街道」ハイキング道で復活へ 王滝・集落支援員がコース再整備

2020年12月17日 05時00分 (12月17日 11時35分更新) 会員限定
御嶽山が望めるように木を伐採する大瀬さん=王滝村の沢渡峠で

御嶽山が望めるように木を伐採する大瀬さん=王滝村の沢渡峠で

  • 御嶽山が望めるように木を伐採する大瀬さん=王滝村の沢渡峠で
 王滝村の集落支援員らが、旧中山道の福島宿(木曽町)から王滝を経て御嶽山を結んだ「御嶽街道」の一部をハイキングコースにしようと、再整備している。今月十日には同村崩越(くずしごう)地区の沢渡(さわど)峠付近にあった御嶽山遥拝(ようはい)所跡周辺で、コースから御嶽山を望めるよう雑木を伐採した。関係者は「危険な場所は補修し、案内看板も用意して、来春には歩いてもらえるようにしたい」と意気込んでいる。(生田貴士)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧