本文へ移動

ネットの危険知って 駒ケ根工高の「コマレンジャー」伊那西小に登場

2020年12月17日 05時00分 (12月17日 13時14分更新)
児童らにインターネットの安全な利用を呼び掛けるコマレンジャー=伊那市の伊那西小で

児童らにインターネットの安全な利用を呼び掛けるコマレンジャー=伊那市の伊那西小で

 県警のサイバーボランティアとして活動する駒ケ根工業高校(駒ケ根市)の生徒ふんする戦隊ヒーロー「コマレンジャー」が十五日、伊那市伊那西小学校を訪問し、児童らにインターネットのサイトや会員制交流サイト(SNS)に潜む危険性を伝え、安全な利用を呼び掛けた。(中沢稔之)
 上伊那地域の小中学校を対象にした啓発活動「スマホキャラバン」の一環。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、本年度初の活動となった。
 赤、青、黄色のコスチューム姿で登場した隊員らは、SNSでの個人情報の流出について、被害の実例を紹介しながら対策を説明。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧