東芝入社の横浜商大・藤村が2年後のプロ入りに照準「1年目から都市対抗で投げて勝ちたい」

2020年12月17日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜商大・藤村

横浜商大・藤村

  • 横浜商大・藤村
 来季から社会人野球の東芝でプレーする横浜商大・藤村哲之投手(4年・愛工大名電)が16日、横浜市緑区の同校グラウンドで大学最後の練習を行った。厳しかった大学生活を「人間的に成長したのが技術の成長にもつながった。自分のことだけでなくチームのことを考えられるようになった」と振り返った。目標を2年後のプロ入りに切り替えた左腕は、17日から東芝で始動する。
 最速146キロの直球とカーブ、スライダーなど多彩な変化球が武器。今秋のリーグ戦は7試合に登板し4完投で3勝を挙げたが、「夏から秋の初めに調子が良くなくて、このままプロに行っても…」とプロ志望届を出さなかった。
 目指すのは、高校の先輩でもあるDeNAの東のように投球術で打ち取るスタイル。「都市対抗優勝に貢献できるように、1年目から都市対抗で投げて勝ちたい」と力強く誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ