本文へ移動

地元食材と相性抜群「鍋の素」 おおい・カネイチの田中さん開発

2020年12月16日 05時00分 (12月16日 12時56分更新)
地元食材の魅力を引き出す若狭鍋の素=おおい町名田庄三重のカネイチで

地元食材の魅力を引き出す若狭鍋の素=おおい町名田庄三重のカネイチで

  • 地元食材の魅力を引き出す若狭鍋の素=おおい町名田庄三重のカネイチで
  • 「若狭の味として全国的に定着してほしい」と話す田中さん=おおい町名田庄三重のカネイチで
 おおい町名田庄三重のスーパー「カネイチ」は、地元の野菜や海産物のおいしさを引き出す寒い季節にぴったりの新商品「若狭鍋の素」を開発した。県内産のみそやしょうゆといった「福井メイド」の原材料にこだわり、万人の食欲をそそるピリ辛味に仕上げ、十日から店頭販売を始めた。コロナ禍で伸び悩む地元野菜や魚の消費拡大を促し、若狭の冬の味としての定着を目指す。(鈴村隆一)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧