本文へ移動

大野九頭竜 積雪26センチ 勝山北谷 除雪車、県内初出動

2020年12月16日 05時00分 (12月16日 09時42分更新)
今シーズン初出動となり、路面に降り積もった雪をかき分ける除雪トラック=15日午前5時1分、勝山市北谷町谷の国道157号で(山田陽撮影)

今シーズン初出動となり、路面に降り積もった雪をかき分ける除雪トラック=15日午前5時1分、勝山市北谷町谷の国道157号で(山田陽撮影)


 冬型の気圧配置が強まり上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、県内は十五日、嶺北を中心に雪が降った。福井地方気象台によると、同日午後八時の積雪は大野市九頭竜で二六センチ、大野で四センチ。福井では午前九時に一センチを観測した。勝山市北谷町谷の国道157号では、除雪トラックが県管理の一般道では今シーズンのトップを切って出動した。
 北谷地区では十四日夜から雪が積もり、十五日未明には積雪一〇センチに達したため、県奥越土木事務所は除雪トラック一台を出動。トラックは前方に付けた排雪板で力強く雪を押しのけ、県境付近の国道三キロを除雪した。十五日の除雪車初出動は昨シーズンより九日遅く、直近十シーズンで最も遅かった。
 十六日の県内は引き続き雪か雨の予報で、同日午前六時から午後六時までの予想積雪量は、嶺北北部と南部、嶺南東部と西部のいずれも一〇〜四〇センチ、奥越では二〇〜四〇センチ。最低気温は大野で氷点下一度、福井で一度、最高気温は大野で二度、福井で三度を見込む。 (平林靖博、藤井雄次)

関連キーワード

PR情報

福井発の新着

記事一覧