本文へ移動

「さすが藤井二冠」お宝鑑定で”慧眼”証明? 師匠・杉本八段が持参した『珍石』見立て外れ「ショック」

2020年12月15日 21時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太二冠(右)と杉本昌隆八段

藤井聡太二冠(右)と杉本昌隆八段

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=の師匠である杉本昌隆八段(52)が15日、テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」に出演。藤井二冠とのエピソードを語りつつ、藤井二冠にプレゼントしたいが受け取ってもらえない珍しい石の鑑定を依頼した。
 杉本八段は、知人からもらったという中国の石を2個持参。脂身のついた肉のように見える珍しい形のため、藤井二冠にも一つ渡そうとしたが、これまで3回断られているといい「価値の高いものと聞いている。(藤井二冠も)鑑定結果が楽しみと言っていました」と意気揚々と説明した。
 しかし鑑定結果は希望価格の10万円に及ばない1万円。MCの今田耕司(54)は「さすが藤井二冠」と驚きを見せる一方、杉本八段は「ちょっとショック」と肩を落とした。それでも「私にとっての本当のお宝は藤井二冠なので」とまな弟子への愛情をにじませた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ