本文へ移動

巨人・亀井は1000万円減の1億円でサイン 新加入・梶谷へのライバル意識より見据えるは打倒ソフトバンク!

2020年12月15日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン会見でダウン更改を振り返る亀井(球団提供)

オンライン会見でダウン更改を振り返る亀井(球団提供)

 巨人の亀井善行外野手(38)が15日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円ダウンの年俸1億円でサインした。
 左足内転筋の張りで9月下旬に抹消されたこともあり、今季は51試合の出場に留まった。「出だしは悪くなかったが、なかなかうまく行かない時が多かった」と振り返った。日本シリーズには間に合ったもののチームは2年連続4連敗。「本当に打倒ソフトバンクしかない。本当に強いと感じたのでそう簡単に答えは出ないが、野手も投手もパワーが違うと感じた」と雪辱を誓った。
 来季は同じ外野手の梶谷がFA宣言でDeNAから加入。「僕はもともとポジションがない人間。負けないようにはしたいが、チームとして日本一になりたいので代打だろうがスタメンだろうが、自分がどこに当てはまるか考えやっていきたい」とあくまでフォア・ザ・チームを強調した。
(金額は推定)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ