イカのモニュメント イメージ図が完成 能登町つくモール

2020年12月15日 05時00分 (12月15日 10時56分更新)
イカの駅周辺に設置予定のイカのモニュメントの完成イメージ図=能登町提供

イカの駅周辺に設置予定のイカのモニュメントの完成イメージ図=能登町提供

  • イカの駅周辺に設置予定のイカのモニュメントの完成イメージ図=能登町提供
 能登町越坂(おっさか)の観光交流施設「イカの駅つくモール」周辺に設置予定のイカの大型モニュメントのイメージ図が完成した。十四日の町議会で志幸松栄議員の一般質問に、町側が大型パネルで示した。来年三月末に完成予定。
 スルメイカをデザインしたモニュメントは全長十三メートルで、繊維強化プラスチック製。口の部分から体の中に入り遊具として楽しむことができ、内部は発光ダイオード(LED)照明でライトアップする。設置場所は未定だが、敷地内か施設周辺の予定。
 事業費は約三千万円で、財源には新型コロナウイルス感染症対策の国の地方創生臨時交付金を活用した。(加藤豊大)

関連キーワード

PR情報