本文へ移動

早くも前哨戦!?阪神・梅野がDeNA三浦新監督と「本当の真剣勝負ができました」テレビ番組で対決

2020年12月15日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ番組で対決した阪神・梅野(左)とDeNAの三浦新監督(関西テレビ提供)

テレビ番組で対決した阪神・梅野(左)とDeNAの三浦新監督(関西テレビ提供)

 阪神の梅野隆太郎捕手(29)が新生DeNAと早くも前哨戦? 大みそかの31日、関西テレビで放映されるスポーツ情報番組「こやぶるSPORTS 大忘年会SP」(仮称)でDeNAの三浦大輔新監督(46)と対決することになった。
 番組MCを務めるのは吉本新喜劇の座長、小籔千豊。漫才コンビのシャンプーハットや元陸上競技選手でタレントの武井壮らで構成される「野球大好き芸人軍」のチームに梅野が助っ人参戦。相手は、三浦監督ほか古田敦也元ヤクルト監督、山本昌・元中日投手、中日の村上隆行、門倉健両コーチら「昭和48年会」のメンバー中心の「プロ野球レジェンド軍」。今年で9回目となる対決となり、梅野は2年連続の参戦となった。
 梅野とマウンドに上がった三浦監督との対決は3度。収録を終えた梅野は「普通では監督という立場で対戦できることはないんですけど、こういう機会を設けていただいたことで本当の真剣勝負ができました。キャッチャーの古田さんも含め、18・44メートルのなかでの一球一球の駆け引きが楽しかったですね。本当に真剣勝負でした」とコメントした。
 一方の三浦監督は「現役の最後のほうも、ちょこっと対戦はありましたけど、やはり勝負強いですよね」と来季に向けて警戒感を強めた。最初はライトフライ。2度目と3度目の結果やいかに?
 三浦監督は、来季の矢野阪神との戦いについては「今年もタイガースにやられてますから、対策を立てて、しっかりと準備をして、やっていきたいなと思います」とリベンジを誓う。今年、ラミレス監督率いるDeNAは阪神に9勝12敗3分け。2位阪神に4・5ゲーム差の4位に終わっただけに、新監督は闘志をみなぎらせていた。
 梅野は「小学生以来」という投手もこなし、古田元ヤクルト監督からは激励も受けた。
 「『タイガースは来年戦力が楽しみやな』と気にかけていただきました。個人的には『梅ちゃん頑張ってるけど、もっと頑張れば、もうひと山越えれば、優勝という頂(いただき)が見えてくるやろし、また来年も頑張るように』とメッセージをもらいました。古田さんのような偉大な方からお話いただけて、ありがたいです。こういう機会だったり、直接お会いしないと、なかなかお話できないので、しっかり受け止めて、期待を裏切らないように努力していきたいと思います」。新たな刺激も受けていた。
 この番組は関西限定で、関西テレビで31日午後4時15分から放送される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ