本文へ移動

渋野日向子「明日また頑張ればいい」最終日順延もリラックス「午後から何しよう。ぼーっとしてきます」

2020年12月14日 11時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
渋野日向子(AP)

渋野日向子(AP)

 米女子ゴルフのメジャー戦、全米女子オープンは13日、当地のチャンピオンズGCサイプレスクリークC(6731ヤード、パー71)で最終ラウンドを開始したが、激しい雨のため中断、そのまま翌日に順延となった。通算4アンダーで最終組の渋野日向子(22)=サントリー=はプレーしていなかった。渋野は14日午前8時25分(日本時間午後11時25分)にスタートする。
   ◇   ◇
 午前7時45分に最終ラウンドが始まった1時間25分後、中断を告げるホーンが鳴った。直後に天候は小雨から大雨に変わり、コースはあっという間に大きな水たまりが…。当初は一時中断と告げられていたが、3時間半後に順延が決まった。
 「昨日より緊張感はなかった」と渋野。いつも通りにウオーミングアップとスタート前練習をして臨戦態勢を整えていた。順延決定後は一度雨がやみ、多くの選手は練習場に向かったが、渋野はクラブハウス付近で日本や米国の報道陣に対応した。「こうなることは予想していた。明日また頑張ればいい」と、落ち着いた表情。中断中はロッカールームのソファに座り、他の日本人選手たちと談笑していた。
 「笹生優花さんがこっちのおいしいパンを持ってきてくれた。ブルーベリージャムとピーナツバターの大きいの。それを食べていました」
 仕切り直しの14日の予報は、曇り時々晴れ。気温は5~9度と、3日目より10度ほど下がりそう。地面の状態の悪さも予想される。「寒い分、飛ばなくなると思う」と言いつつ、「その中でまた頑張れたらいい」と前向き。「午後から何しよう。ぼーっとしてきます」とリラックスムードだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ