本文へ移動

静寂に響く選手の息遣い、遊園地のジェットコースター音… コロナ禍、異例づくしの柔道ワンマッチ代表決定戦

2020年12月13日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンマッチに臨む丸山城志郎(左)と阿部一二三。客席に人はまばらだった(代表撮影)

ワンマッチに臨む丸山城志郎(左)と阿部一二三。客席に人はまばらだった(代表撮影)

◇13日 男子66キロ級東京五輪代表決定戦(東京・講道館)
 史上初のワンマッチでの代表決定戦は異例づくしだった。会場となったのは柔道の聖地・講道館。小規模な客席には報道陣や関係者がパラパラと陣取った。
 感染防止のため客席からの応援も禁止。試合中は静寂の中、両選手の息遣いや隣接する遊園地のジェットコースター音が響いた。金野強化委員長は「コロナ下での応急措置だった。メリットデメリットは何とも言えない」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ