本文へ移動

強化スタッフの心も揺さぶる24分間の頂上決戦…井上康生監督「今は感情的に…試合に関して何がどうとかは言えない」

2020年12月13日 21時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子66キロ級代表決定戦で丸山城志郎(右)を破った阿部一二三。東京五輪代表に決まった(代表撮影)

男子66キロ級代表決定戦で丸山城志郎(右)を破った阿部一二三。東京五輪代表に決まった(代表撮影)

 柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、2017、18年世界選手権2連覇の阿部一二三(23)=パーク24=が19年世界一の丸山城志郎(27)=ミキハウス=に24分間に及ぶ大熱戦を大内刈りで優勢勝ちし、初の五輪代表を決めた。
 24分間の頂上決戦は強化スタッフの心も揺さぶった。男子代表の井上康生監督は「五輪で2人を戦わせたかったのが本心。今は感情的になっていて、試合に関して何がどうとかは言えない。本当に2人は頑張ってくれた」。死力を尽くした両雄を手放しで褒めたたえた。金野潤強化委員長は「丸山選手というライバルが現れて、阿部選手は勝負の怖さ、奥深さを学んだ。大きく飛躍した」。男女14階級の代表も出そろい、五輪へ向けた強化はラストスパートへ入る。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ