本文へ移動

柔道・阿部一二三「詩には『お待たせ』という感じ」 24分の死闘制し初の五輪切符…さあ兄妹でのダブル金メダルへ

2020年12月13日 21時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山城志郎に勝利し、ガッツポーズを見せる阿部一二三(代表撮影)

丸山城志郎に勝利し、ガッツポーズを見せる阿部一二三(代表撮影)

 史上初めてワンマッチで五輪代表を争う男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で無観客試合として行われ、阿部一二三(23)=パーク24=が延長を含めて実に24分の長期戦の末に丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破り、初の五輪を決めた。妹の詩(20)=日体大=は女子52キロ級代表に決定済みで、兄と妹での同時五輪は柔道では初めて。2人が目標に掲げるダブル金メダルへ大きく前進した。
 勝敗を分けたのは一二三の「前に出る」気持ちだった。手の内を知り尽くしたライバル同士。互いに体力、気力が限界に近づく中、終始攻勢に出ていた一二三の執念が最後に実った。「状況を見た技。相手はひるんで下がって返しにきたが、自分が前に出て投げる練習をしていた」。試合時間は24分ちょうど。こん身の大内刈りが丸山の体をわずかに畳に付けた。
 丸山には過去何度も苦杯をなめさせられてきた。「負けた試合では延長で雑になってポイントを取られていた。どれだけ試合が長くなっても集中を切らさない」。敗北から学んでの粘り勝ち。柔道史に残る激闘を制した一二三は「たくさんの支えがあったから、勝つことができた…」と感涙にむせんだ。
 執念の背景には5年前の「涙」があった。2015年11月の講道館杯。16年リオデジャネイロ五輪へ突き進んでいた当時兵庫・神港学園高3年の一二三は、準々決勝で同じ丸山に敗れリオへの道を断たれた。珍しく人前で泣きじゃくった一二三を、監督の信川厚さん(55)は諭した。「勝ち続けることはできへん。負けたときに負けを今後どう生かすかや」
 それから10日ほど後、柔道場へ戻ってきた一二三は変わった。「今までは出稽古に私が連れて行ったりしていたけど、『先生、ボク一人で行く。一人でいける』と。自分から年上の選手の中に入り込んでやっていくようになった」。エリート街道を歩んできた男が一人で大学や実業団へ出掛け、貪欲に強さを追求した。
 その後は2017、18年世界選手権を2連覇。丸山に一度は代表争いで逆転を許したが、崖っぷちで踏ん張った。新型コロナウイルスの感染拡大で決着が12月まで延びると、課題のスタミナを徹底した走り込みで解消。再び逆境を力に変えた。
 「丸山選手がいたからここまで強くなれた。妹の詩には『お待たせ』という感じ。五輪という舞台できょうだいで輝きたい。リオに出られなかった思いを東京にぶつける」。最強ライバルとの名勝負を乗り越え、求め続けてきた五輪金メダルを現実にする。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ