本文へ移動

「全身震えてた…」阿部詩が24分の死闘制した兄・一二三を祝福 東京五輪で兄妹金メダルへ第一歩

2020年12月13日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部詩

阿部詩

 柔道の東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩(20)=日体大=が13日、自身のツイッターを更新。この日、同男子66キロ級代表に内定した兄・一二三(23)=パーク24=を祝福した。
 詩は「おめでとう。尊敬します。もっと上を目指し2人で優勝します」と兄を祝福しつつ、東京五輪での“兄妹金メダル”に向けて抱負。24分の死闘の末に勝利した兄の一戦に、「全身震えてました あの闘いを見れたことに感謝します!」と感想をつづった。
 兄・一二三はこの日、東京・講道館で行われた史上初の「ワンマッチ」による代表決定戦に出場。延長戦の末、丸山城志郎(27)=ミキハウス=に大内刈りで優勢勝ちした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ