本の音訳続けて35年 岩倉の「あめんぼ」大臣表彰

2020年12月13日 05時00分 (12月13日 11時07分更新) 会員限定
会員が音訳を録音する様子=岩倉市昭和町の市図書館で(音訳の会あめんぼ提供)

会員が音訳を録音する様子=岩倉市昭和町の市図書館で(音訳の会あめんぼ提供)

  • 会員が音訳を録音する様子=岩倉市昭和町の市図書館で(音訳の会あめんぼ提供)
  • 受賞をよろこぶあめんぼの会員たち=岩倉市役所で
 目が不自由な人のために、図書を音訳する岩倉市の市民団体「岩倉市音訳の会 あめんぼ」が本年度の文部科学大臣表彰を受けた。活動を続けて35年、障害者の生涯学習支援への功績が評価された。視覚障害者に健常者と同じように、活字の情報に触れてもらいたいと、今後も奮闘を続ける。 (鈴木里奈)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧