本文へ移動

フィッカデンティ監督3季目続投を名古屋グランパス要請方針

2020年12月13日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・フィッカデンティ監督

名古屋・フィッカデンティ監督

 名古屋グランパスがマッシモ・フィッカデンティ監督(53)に続投を要請する方針を固めた。12日、複数の関係者が明らかにした。今後、正式な協議を経て、受諾すれば3季目の指揮を執ることとなる。
 イタリア出身のフィッカデンティ監督は2019年途中に就任。クラブは、昨季と一昨季J1残留を争ったチームを今季上位争いへ引き上げた手腕のほか、新型コロナの影響で異例づくめとなった今季のチームマネジメントなどについて評価したとみられる。
 チームは33試合を終えた12日の時点で、アジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残す3位につけている。12日の横浜FC戦(パロマ瑞穂)で16度目の無失点をマークするなど堅守を武器にしたチームを作り上げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ