本文へ移動

剛力彩芽と再共演の稲垣吾郎、前澤友作さんに「舞台また見て! 差し入れも期待してます」

2020年12月12日 22時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公演初日に向けての意気込みなどを語った稲垣吾郎(右)と剛力彩芽

公演初日に向けての意気込みなどを語った稲垣吾郎(右)と剛力彩芽

 舞台「No. 9ー不滅の旋律ー」(13日~来年1月7日)の公開稽古が12日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われ、主演の稲垣吾郎(47)、剛力彩芽(28)が本番さながらの熱演を見せた。
 傑作をいくつも書き上げたベートーヴェンの苦悩の人生と創作の日々を、代表的な楽曲の生演奏とともに描いた同作。2015、18年に続き、ベートーヴェン生誕250周年を迎える今年に再々演となった。稲垣は初演から続けてベートーヴェン役、剛力は18年に続き秘書として支えるマリア役を演じる。
 稲垣と剛力は、稽古前に集まった報道陣に初日に向けての意気込みなどを語った。剛力との再共演について稲垣は「感情があふれてしまう場面でも、剛力さんが役のマリアのようにサポートしてくれる。女優さんらしく変化していく姿に感心している。お客さんに見てもらえるのがうれしい」と話した。
 剛力といえば、実業家の前澤友作さん(45)と交際中。前回は観劇したそうで、稲垣は「大好きな方なので今回も見ていただきたい。差し入れも期待しています」と笑みを浮かべた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ