本文へ移動

藤井聡太二冠 元竜王の糸谷八段を破り4度目の一般棋戦V「早指しで初めて優勝できて励みになった」【銀河戦】

2020年12月12日 21時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太二冠

藤井聡太二冠

 藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=は12日、CS番組で放送された第28期銀河戦決勝で元竜王の糸谷哲郎八段(32)を97手で破り、初優勝を飾った。これで一般棋戦Vは2018年2月の第11回朝日杯、同10月の第49期新人王戦、19年2月の第12回朝日杯に続いて4度目となった。
 藤井二冠は「早指し棋戦で初めて優勝することができて励みになった」と喜びを語った。
 決勝トーナメントでは増田康宏六段(23)、永瀬拓矢王座(28)、木村一基九段(47)を撃破して決勝に駒を進めた。糸谷八段とは過去3勝0敗の好相性とはいえ、棋界屈指の早見えで「怪物」の異名を取る強敵だけに注目の一戦に。盤上は先手・藤井二冠が横歩取りから乱戦模様に誘導。構想力が問われるなか、主導権を握って押し切った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ