本文へ移動

コロナ禍で忘年会もままならぬ中…東国原英夫が語る「たけし軍団」雪上での年末の過酷な思い出とは…

2020年12月12日 15時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東国原英夫

東国原英夫

 タレント東国原英夫(63)が12日、関西テレビ=フジテレビ系のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」に出演し、タレントのビートたけし(73)率いる、たけし軍団時代の過酷な忘年会の思い出を語った。
 忘年会の時期を前に、番組は、お金を出して参加しなければならず、最近の忘年会が若手に不評だと紹介した。
 たけし軍団時代の忘年会について尋ねられた東国原は「企画ものなんで、いろいろな場所でやりました」と毎年、趣向を凝らして開いていたことを明かした。
 「僕とダンカンが考え、雪上忘年会をやりました。雪上で芸や運動会をやる。雪上高跳び大会では、新雪に2、3メートルから頭から(飛び込む)。(雪が)軟らかいので危なくない。でも息ができない。ずぼっと入って足だけが出る。ばたばたと助けてくれ、と合図すると(たけしに)『喜んでますね』(と言われる)。寒くて裸で30分ぐらいで終わったかな」
 奇想天外な1年の締めくくり行事に、出演者らは大笑いだった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ