本文へ移動

高橋(金沢学院大大学院2年)全日本V 重量挙げ女子

2020年12月12日 05時00分 (12月12日 10時05分更新)
女子49キロ級で優勝した高橋いぶき=11日、新潟県津南町のニュー・グリーンピア津南体育館で

女子49キロ級で優勝した高橋いぶき=11日、新潟県津南町のニュー・グリーンピア津南体育館で

◇ジャーク日本新

 二〇二一年の東京五輪の出場を目指す重量挙げ女子49キロ級の高橋いぶき(金沢学院大大学院二年)は十一日、新潟県津南町のニュー・グリーンピア津南体育館で行われた全日本選手権で、スナッチ77キロ、ジャーク108キロのトータル185キロを挙げ、優勝した。ジャークの108キロは日本新記録だった。
 ほかの石川県関係選手では、49キロ級の山下笑佳(えみか)(珠洲市・飯田高二年)がスナッチ77キロを挙げ、高校新を記録。トータル172キロも高校新で、高橋に次ぐ二位に入った。山下の兄・立真(たつま)(同三年)は男子67キロ級で出場。トータル278キロの高校新を記録し、三位に入った。
 このほか、県関係では女子59キロ級の寺島奈穂(金沢学院大四年)がトータル196キロで二位だった。
 十二日は女子64キロ級に宮越由依(同一年)が、同81キロ級に中島一馨(もとか)(18)=光仁会木島病院(金沢市)所属=が臨む。

関連キーワード

おすすめ情報

北陸発の新着

記事一覧