本文へ移動

土田シーズンノーエラー宣言「球界代表する選手に」 与田監督は「三拍子そろっている」期待感

2020年12月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新入団発表でポーズを決める土田龍空

新入団発表でポーズを決める土田龍空

 ドラフト3位の土田龍空(りゅうく)内野手(17)=滋賀・近江高=が、堂々の「シーズンノーエラー宣言」だ。将来的なレギュラー奪取が期待される世代屈指の遊撃手。入団会見の壇上で自らのセールスポイントを聞かれると、「守備」と間髪入れずに答えた。
 目指す姿は遊撃版の広島・菊池涼だ。今季二塁手として史上初のシーズン無失策の記録を樹立し、昨季まで7年連続でゴールデングラブ賞を獲得している言わずと知れた名手。その背中を「どんな形でも1年間ノーエラーでやり切り、球界を代表する選手になれれば」と力を込めた。
 会見の席では早速“失策”をカバーする好プレーを見せた。順番に報道陣の代表取材に応じる中で3番目に話し始めた土田の時、テレビのマイクが入っていないハプニング。それでも慌てた様子は見せない。全選手終了後に「テイク2」をお願いされると、よどみない受け答えでしっかりとリカバリーした。
 担当の山本スカウトは「スローイングの安定性があり、スピード感のある守備は天才的」と絶賛。似ているプレースタイルの選手に「アライバ」として中日などで活躍した井端弘和さん(現日本代表コーチ、本紙評論家)の名前を挙げた。与田監督も「守備は本当に定評がありますし、三拍子そろった選手。うちは機動力というのも高めていかないといけないので、そういう期待もあります」と走攻守での活躍を願う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ